ふくしま合同労組は誰でも1人でも入れる地域合同労組です。
また、ふくしま合同労組は労働相談を受け付けています。  いつでも、気軽に、まずはご連絡・ご相談下さい!
   問い合わせ先
    メール:fks.godoroso@gmail.com

組合活動

2020年03月25日

3・11反原発福島行動に参加

9年目の3月11日がきました。

ふくしま合同労組は、
3.11反原発福島行動’20の実行委員会に加わり、
集会への参加や賛同を呼び掛けてきました。

DSC_0401


新型コロナウイルス情勢の中でしたが
3・11集会に向けて宣伝や準備、
当日も舞台上のみならず、
裏方も含めて
それぞれ組合員が動きました。

組合員の感想として
・福島の人の声が集会全体にわたって
うなずきながら聞く部分が多くて、共感した
・コロナ情勢の中で福島まで来た
沖縄のお母さんたちの言葉が心に響いた
・交流会も含めて、これまでの思いの丈を
解放するような雰囲気となって涙が出てきた
・集会宣言を読み上げるのは初めてで緊張した
・実行委員会での議論が3・11でも新型コロナでも
大変な状況であったのを一歩前に進めた
・新型コロナ情勢への見解と対策をチラシにして
配布したことは、責任を取る意味でも大きかった
・集会会場で働く労働者にもそうした姿勢が伝わっていた
などなど

例年にも増して、
ふくしま合同労組として大きな経験になりました。
集会実行委員会のみなさま、
3・11集会へ参加、賛同をしてくれたみなさま、
本当にありがとうございました。






fks_godoroso at 22:46

2020年02月11日

3.11反原発福島行動へ

ふくしま合同労組は
福島県の労働組合として、
やはり3・11を忘れてはいけない
と考えます。

そこで
3.11反原発福島行動′20への
参加を呼びけていきます

3月11日は郡山市民文化センターへ!

チラシをクリックすると
3.11実行委員会のブログへ行きます

2020311omote


fks_godoroso at 21:03

2019年11月27日

韓国での全国労働者大会に参加してきました

11月9、10日に
韓国では民主労総(労働組合の連合体)による
大規模な集会が行われていました。
この労働者の行動は、前大統領パククネを
退陣に追い込む「ろうそく革命」の
原動力になり、
現在のムンジェイン政権に対して、
民主労総委員長は、
「私たち100万組合員と
2千万労働者の労働基本権を
踏みにじろうとするなら、
即刻かつ全面的なゼネストで反撃する」
と、集会で宣言しています。

ふくしま合同労組の組合員が、
動労千葉訪韓団の一員として、
この韓国での集会に参加し、
労働運動の現場に連帯行動をしてきました。

感想が寄せられました。掲載します。



 私は、今年初めて訪韓闘争に参加してきました。
 11月9日に行われた労働者大会では、10万人結集という数に驚きました。集会会場となった公園前の幹線道路は、たくさんの人であふれかえっていました。韓国の集会は日本の集会とは違い、発言だけではなく、労働歌を流したり、踊りを踊ったり、シュプレヒコールをあげたり、集会というよりもフェスみたいな感じで盛り上がりもすごかったです。
 集会後、国会前までデモ行進をしました。デモ隊が3方向から集まって国会前を占拠していて解放区になっていました。国会前で民主労総とシュプレヒコールをあげたり、喚声をあげたり、労働歌に合わせて拳を突き上げたり、連帯して闘いきることができました。
 11月10日は闘争現場訪問に行きました。
 光化門広場で籠城闘争をしているトルゲート労働者の現場では、今年8月に最高裁で勝利判決が出ているにもかかわらず寒い中、闘っている姿に感動しました。
 ミョンドンの世宗ホテル労働者の現場では、正規労働者が削減されたり、労働組合を分断されたり、委員長が解雇され解雇撤回闘争をしている話を聞きました。
 どちらの現場も日本の労働者の置かれている現状と同じだと思い、また国際連帯で団結して闘えば勝てると確信できました。民主労総は2年間で20万人以上を組織し100万人を超える組合になりましたが日本でも同じような闘争ができると思うとともに、そのようにしていかなければならないと強く感じました。





fks_godoroso at 21:09

2019年11月12日

労働学校をやっています

ふくしま労働学校を開催しています。
11月16日には、第7回を行います

福島市市民会館 音楽室にて
13時より

school1911



これまでのチラシも
school1906-3 school1907



school1908 school1909



school1910




fks_godoroso at 19:22

2019年10月12日

9・22水戸集会に行きました


 9月22日、動労水戸が中心になった実行委員会が呼びかけた「常磐線の全線開通は安全か? 高線量地帯に向かって列車を走らせるな! 水戸集会」に合同労組の仲間と参加してきました。
 常磐線全線開通は許してはならない、ということがよくわかりました。
 JRが来年3月に開通しようとしている「帰還困難区域」での線量調査の動画では、除染したとはいえ今なお高い線量に思わず見いりました。パネラーの医師は「こんなところに人を行かせる、働かせることは医療法違反、労働基準法違反」と言い切り「内部被曝の影響は何年も続く」と指摘しました。水戸の組合員からは第一陣は誰も行きたくないため強制発令だったこと、今後も特に青年に対して強制発令があることなどが話され、本当に許せないと思いました。原発事故をなかったことにする「オリンピックのためのプロパガンダ全線開通」。そのために住民や労働者の命と健康を危険にさらすことに絶対反対です!
 合同労組も一緒になって声を上げていきます。




fks_godoroso at 13:07